SSブログ
*Copyright* Copyright of all images belong to YOSHIKAWA Halco. No part of this blog may be reproduced, without the prior written permission of the copyright owner.

クマノミズキ:花-01 [▲樹木]

_DSC7539-88.jpg

_DSC7548-88.jpg

_DSC7560-88.jpg

_DSC7565-88.jpg
【2015年6月09日】9 June 2015
Cornus macrophylla
Cornus brachypoda -->synonym
Swida macrophylla -->synonym
Thelycrania brachypoda -->synonym

Flowers

※花の細部については,以下の記事を参照願います(別の個体)。
クマノミズキ:花-02(マクロ撮影)
https://trees-wild-flowers.blog.so-net.ne.jp/2015-06-14

☆千葉県中央部では梅雨入り前になると開花し始めます。
個体数は多く,住宅街そばに残る雑木林によく見られます。

☆よく比較されるミズキ "Cornus controversa" との違いは,葉の付き方です。
クマノミズキ:対生
ミズキ:互生

画像3枚目に,葉が対生に付いているようすが見えます(花の下にある葉が付いている枝を見てください)。
花の部分だけをみて,互生(花茎の付き方)だと勘違いされるかたもいるようですが,「葉の付き方が対生」であることに注目してください。
葉が茂りすぎていて対生かどうかわかりにくこともありますが,枝の出方が対生かどうかを確認するのも同定手段になります。慣れてくると,枝ぶりだけでも両者の違いが見て取れます。
両者が同じ地域に生えていれば,開花時期が異なることも同定の情報として有用です(ミズキの方が開花時期が早い)。

☆画像4枚目は,葉裏の白さが確認できます(ミズキも葉裏は白い)。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
_DSC7572-88.jpg

_DSC7567-88.jpg

_DSC7569-88.jpg
【2015年6月09日】9 June 2015
Cornus macrophylla
Flowers

☆全体像です。
この個体は住宅街近くの雑木林にあります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
_DSC3070-88.jpg
【2016年6月16日】
16 June 2016
Cornus macrophylla
Flowers

☆別個体の全体像です。
谷津田の周辺にある林のクマノミズキです。
前出の画像の個体(2015年撮影)は2016年6月16日現在,ほとんど花が散っていましたが,1kmほど離れているこの個体はまだ花の盛りでした。

☆千葉県の中央部付近では比較的よく見られます。
私が普段歩き回る場所では,ミズキはほとんど見られません(局地的にミズキも自生)。

千葉県房総半島南部ではミズキがよく見られます(クマノミズキもあります)。

★本ブログにあるクマノミズキの関連記事★
クマノミズキ:冬芽-02
https://trees-wild-flowers.blog.so-net.ne.jp/2015-01-23

クマノミズキ:樹皮
https://trees-wild-flowers.blog.so-net.ne.jp/2013-06-09

クマノミズキ:新葉
https://trees-wild-flowers.blog.so-net.ne.jp/2011-06-12

(記事の最後にある[タグ]の「クマノミズキ」をクリックすると,クマノミズキの関連記事タイトルがリストアップされます。)
〈了〉